HOME > 練習ドリル > ラリーによる基本練習

ラリーによる基本練習

フォルクル (ネットプレー)

中級以上の人数の多いクラスでおこないます、1面6人でおこないます。
3人ずつの2組でボレー・ハーフボレーでV の字型にラリーします。
ボールが交錯するので危険を伴うことを認識して、コントロール最優先を強調しなければなりません。
プレーヤーはサービスライン上のラインが交わったところに立ち、できるだけそのポジションを維持して打つようにします(バック側に来たボールをフォアに回り込んだりしない)、特に短いボールが来て前進して打った後はすぐに元のポジションに戻らないと危険です。
注意を守ってやれば緊張感のあるいい練習です。
ボールの軌道がVが組み合わさった、フォルクルのロゴマークみたいになるので昔からこの呼び方でやっています。

フォルクル (ベースラインプレー)

中級以上の人数の多いクラスでおこないます、1面6人でおこないます。
3人ずつの2組でグラウンドストロークでV の字型にラリーします。
ボールが交錯するので危険を伴うことを認識して、コントロール最優先を強調しなければなりません。
真ん中のプレーヤーは両サイドのアレーコート深くを狙って打ち、両サイドのプレーヤーはセンター付近深くを狙って打ちます。
2組同時にラリーするので、本来ならフォアに回り込んで打ちたい時でも反対側の組の邪魔になると判断したらあえてバックで打つなど瞬時の判断力も必要です。

ベースライン1:ネット3

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

  

  

  

  

 ベースラインから、ストレート、センター、ショートクロスへ自在にストロークできるようになる為の練習です。
 ベースラインプレーヤーと、ストレート方向、センター、ショートクロス方向の3人のネットプレーヤーでラリーします。
 ベースラインプレーヤーはコートの半分をカバーしなければなりません。

2対2、襷掛けラリー

 ボールが来た方向へ打ち返すことは基本で、また打ちやすいわけなんですが、試合において有効打となるのは方向を変えて相手の居ないところへ打った場合が多いです。

 このラリーも方向を変えて打つ練習です。
 4人でコートのベースラインのシングルスサイドライン寄りに立って図のように片側はすべてストレートに、もう片側はすべてクロスに打球して続けます。「蝶々打ち」って言う人もいます。
 初級ではフォア、バック関係なく、とにかく決めた方向へ確実に打つことを重視します。
 中・上級ではセンターマーク付近に立って、打球したら元へもどるようにして、フォア・バックを指定したりします。

2対1、Vの字ラリー

 ボールが来た方向へ打ち返すことは基本で、また打ちやすいわけなんですが、試合において有効打となるのは方向を変えて相手の居ないところへ打った場合が多いです。
 Vの字ラリーやフォルクルはその方向を変えて打つことを練習する為のラリーです。
 2:1の時はシングルスコートでおこないます。
 1人の側のプレーヤーは、シングルスにおいて相手を右へ左へ走らせる場面をイメージしてラリーします。 
  2人の側のプレーヤーは言わば練習台です、少しくらいのアウトは返球してあげる気持ちでミスしないように打ち返します。スクールでは一方をコーチが担当しています。
 1、必ず右左交互に打つ
 2、右右左左と2回ずつ打つ
 3、ランダムで打つ
以上バリエーションがあります。

GOSEN

「ガットのゴーセン」と呼ばれるストリングメーカー
http://www.gosen.jp/

 

wilson

テニス・バドミントン・野球用品メーカー
http://www.wilson.com/

              

YONEX

テニスはもちろん最近はゴルフでも有名
http://www.yonex.co.jp/

 

Tennis PR

テニスに関するイベントはこちら
http://www.tennispr.co.jp/

Westhill Tennis Academy
〒655-0041
兵庫県神戸市垂水区神陵台3-2

きたせんタウン内
☎ 078-783-0040
FAX 078-783-0097
mail kobe@westhill21.com

大きな地図で見る