HOME > 練習ドリル

練習ドリル

テニス部やサークルのキャプテンやリーダー必見の楽しくできて上達するドリルです、ウエストヒルでおこなっている練習ドリルを最近のものから順次紹介していきます。

三角形の動き  雁行陣におけるネットプレーヤーの動き


相手のベースラインプレーヤーが打球しようとしている時、つまりボールが①の時は1のポジション

相手の打ったボールが飛んでくる時、つまりボールが②の時は、それを追いかけるように中央へ動く、2のポジション

パートナーが打球しようとしている時、つまりボールが③の時は守りのポジション3

②の時にボレーできそうならもちろんボレーで決めにいきます。

駆け引きとして本来1のポジションを取るべきとき、つまり相手ベースラインプレーヤーが打球しようとしている時にわざと2のポジションを取ります、そのかわりに左サイドに最大の注意を払います。つまりストレートを開けておいてそこへ打たしてボレーで決めにいこうというわけです。

以上デュースコートでの動きを説明しましたが、アドコートは鏡に映したように反対になります。

ネット1:ベースライン3

  ネットプレーヤーがダブルスコートの半分を守り、ベースラインのストレート、クロス、ショートクロスへボレーを打ち分けてラリーする練習です。
 この練習はページにアップするのを忘れていまして、かなり前からスクールで実施しています。
 4人で90秒間ラリーして、使うボールが4~5球なら「合格」ってところですかね。 

3点ボレー+アングルボレー


ボレーのコントロールの練習です。

左はダブルスのデュースコート側の場合です

①サービスラインからストレート深くに
②一歩前進してセンター深くに
③さらに一歩前進してクロス深くに
④ネット近くに前進してアングルに
それぞれコントロールに注意してボレーします。

フォアでボレーする、バックでボレーする、ランダムでボレーするなど、いろいろレベルに応じておこないます。

エイト・ボールズ

 頻繁に実施している練習メニューなのに、このページに載っていませんでしたので追加します。
 シングルスのコートいっぱいに走って返球する練習です。

 ネットの向こうからラリーしているようなタイミングで8球送球します、みなさんはシングルスをしているイメージで指示された方向へ打球します。
左の図は右利きのフォアから始まる場合の大体の打球する位置を示しています、
①フォアハンドストローク
②バックハンドストローク
③フォアハンドストローク
④バックハンドストローク
⑤フォアハンドアプローチ
⑥バックハンド返すボレー
⑦フォアハンド決めボレー
⑧後へ下がってスマッシュ

⑥の返すボレーというのはネットへ出たばかりのファーストボレーなので確実に深くコントロールしてください。
⑦の決めボレーは少し高い目のボールが来ますので力強く踏み込んでボレーしてください。
⑧のスマッシュは、⑦で前に踏み込んで打った直後なので苦しい体勢になりますが、それも大切な練習です。

2対1、襷掛けラリー

2:1Vの字ラリーの応用で、左図では2の側がストレート、1の側がクロスに打つ約束でラリーします。
2の側は容赦なくシングルスサイドラインぎりぎりを狙って打ち、1の側は自分の動くスピードを考えた上でクロスに打球します。

もちろん2の側がクロス、1の側がストレートのバージョンもありますが、そのほうがハードです。 

GOSEN

「ガットのゴーセン」と呼ばれるストリングメーカー
http://www.gosen.jp/

 

wilson

テニス・バドミントン・野球用品メーカー
http://www.wilson.com/

              

YONEX

テニスはもちろん最近はゴルフでも有名
http://www.yonex.co.jp/

 

Tennis PR

テニスに関するイベントはこちら
http://www.tennispr.co.jp/

Westhill Tennis Academy
〒655-0041
兵庫県神戸市垂水区神陵台3-2

きたせんタウン内
☎ 078-783-0040
FAX 078-783-0097
mail kobe@westhill21.com

大きな地図で見る